« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »

2006年10月8日 - 2006年10月14日

相変わらず亀田一家はやり方がヘタクソだ

どうして亀田一家(っていうか、その取り巻き含む)は物事のすすめ方がヘタクソなんだろう。

というのは、今回の記者会見で”自らの口から”語ったガンにかかった少年との交流である。

ネット上で多くに人も指摘しているように「これって、事実であっても自分から語ることじゃぁないだろう。」ってこと。

もっと別の筋からリークされて判明するとか、一度は否定するとかそういった工夫が欲しい。あまりにストレートでベタ過ぎるやり方である。これではこのエピソードが本当であっても、今の亀田一家に関してはこれでは誰も信じない。

オレも何度もこのブログで書いているけれど、もっときちんとした脚本家を雇うべきなんじゃぁないか。

”脚本家を雇う”って言っても、”作り事をやれ!”といっているのではなく、もっと上手く表現すれば物事はもっとすんなり行くだろうってこと。みなさん、そう思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイ・ヴィジョンTV到着

ウチの10年近く使ってきた25型ブラウン管TVの画面が最近ちらつき始め「こりゃあ、そろそろ寿命かな?」と心配になってきたんで、思い切ってハイ・ヴィジョン液晶TVを買いました。メーカは亀山品質でおなじみのシャープ製。店頭で見ても画面が一番見やすかった気がしましたね。特にソニー製のあまりに鮮やかな画と比べると良い感じですね。

で、最近のTVは地上デジタル対応でデジタル放送が見られます。オレがすんでる地域も最近地デジ放送が始まったので、早速チェック。が、家の位置自体が微妙な場所で、放送エリアの境界線あたり。が、結果、多少電波は弱いモノの受信成功でよかったね。

で、ハイ・ヴィジョン放送を見ていると、通常放送は画の荒さが気になる。それまでは何ともなかったんだけど、一度身近で見てみるとダメですな。

ハイ・ヴィジョン放送が始まった頃、「あんなもん、必要ナシ」と切り捨ててたけど、やっぱり画像が荒いよりも細かい方が良い。

人間、便利なほう便利なほうへと流されがち。まっ、しょうがないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーショナリー評論家の土橋氏

オレが文房具に興味を持ち始めたきっかけの一つは、ステーショナリー評論家の土橋氏のサイトを見たことです。で、氏が発行しているメールマガジンも楽しみに読ませてもらってるんですが、最新号(「文具で楽しいひととき」10月10日付 その116)で「針のいらないステープラー」という題材を取り扱われている。

これを読んで、「おおっ、オレも持ってるぜ!」と思った後に、「この表題ってどこかで読んだことあるな?」と気づき、よくよく考えてみると、以前オレがこのブログで書いた表題と(ほぼ)同じで且つ取り上げられている文房具(のイッコ)が同じであった。

「土橋さんがオレと同じモノに興味をもってるー」とうれしくなった一方、「表題まで一緒ってのは・・・」という気持ちも無ではない。

そんな勝手な事を考えているオレですが、よくよく思い出してみると、オレも他の人がかいた記事を読んで、針のいらないステプラーが欲しくなって買い、それをブログに書いただけだって事に気づきました。オレも同じじゃん。

なことを考えたりしたんですが、いずれにせよなんだか土橋氏と同じ感覚だって気がして(勝手な推測とうぬぼれ)、やっぱりちょっとうれしいな。

(実は表題の書き方はチョット違う。土橋氏は”ステープラー”で、オレは”ステプラー”。で、オレが読んだ元記事の表題は”ステープラー”。おおっ、2対1でオレの負け)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオカードを買ったよん

今使ってるPCってのは、もう5年前くらいに組み立てたヤツで、ディスク容量は増えたりしているけれど、それ以外での強化はなし。

で、しばらく前からDVD再生で途中飛んでしまうとか、この間はiTunes再生時に音が飛ぶとか、「これってナニ」という状況が続いておりまして、ふと気がついてサウンドカードを取り外してオンボードにしたら問題解決。原因は、サウンドカード用のXP対応ドライバがなくて、OSが適当なドライバを設定してたんだけど、そいつがどうもダメだったらしいのが原因と思われます。

そんななか、iTunes7からできるようになったCDジャケットぱらぱら機能ですが、ウチのマシンだとあまりぱらぱらやりすぎるといきなりビデオが飛んでしまうので、寂しい思いをしていました。で、ヒマを見つけては久々にPC屋さんに顔を出してみたりしたら、Radeon9000シリーズはかなり値下がりしていることを発見。で、今日、出張のついでに京都駅前のソフマップでRadeon9550搭載の玄人志向が販売しているカードを買ったって訳です。値段は4980円。

いやあ、これまで使ってたRadeon7200と比べると、画面解像度を上げることができるし、例のジャケットぱらぱら機能は問題ないし、いいもんですな。

ロープロファイル対応で、ファンなしヒートシンク仕様なんで、128MBのメモリバスは64bitなんだけど、まあ3Dゲームばりばりじゃぁないし、予算も5000円程度で検討中だったもんで、「買ってよかったなぁ」と思ってます。

最後に、iTunesのぱらぱら機能を使ってて、CD映像に黒い斜めの線が出てて、それはappleサイトのBBSでも指摘されてたんだけど、これってビデオカードを変えたら消えました。つーことは、黒線出てる人のPCは「非力」だと言うことなんでしょう。気合いだぜ、兄弟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »