« 渡辺和博さん死去 | トップページ | appleは本当にDRMを捨てたいのか? »

アップルがまたブチ上げたもんだ

アップルが自身の本国サイトにスティーブ・ジョブズ名でブチ上げた意見記事がニュースになっている。

「Thoughts on Music ; Steve Jobs February 6, 2007」
http://www.apple.com/hotnews/thoughtsonmusic/

で、これを報じるニュースサイトの記事は”S・ジョブズが音楽配信に関して「違法コピー・再生防止用デジタル著作権管理(DRM)ソフトの搭載について、義務づけをやめるよう要請した。”という論調で報じている。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/net/cnet/20070207nt06.htm

で、オレとしてはそれを読んで、内容を確かめようと苦労してアップルサイトで原文を読んでみたわけだけど(日本語サイトのホットニュースには掲載されていなかった)、ジョブズがまずいっているのは「現在のiTunes storeでやっているFairPlayと呼ばれるDRMは、大手4社のレコードメーカから依頼されているから仕方なくやっているが、本当はユーザが自由に音楽を手に入れて、自分の好きなソフトや携帯プレイヤーで再生出来るようになるのがいいに決まっている。」という事。

で、そういった状況を解決する方法として書いている3つの中の一つが「DRM完全撤廃」という内容である。決して、「DRMをやめるべきである」と強く主張しているわけではない。強く主張しているのは、2つめとして主張している現在のFairPlay技術を公開してしまうとその技術がどこかから漏れて不正コピーの温床となるだろうし、それを改修しようとすると大変な労力を要するので良くないということ。(Appleがもしロック技術を破られたら速やかに改修しなければ、音楽配信が出来なくなるし、ともいっている)

決して、”DRMをやめろ”とばかり主張してはいない。

で、その他の解決方法として(一番目に上げて)いるのが暗に”もっともおすすめ”といっているように読める解決策で、”今のまま”というもの。

で、その理由としては「iTunes Storeで購入された楽曲はiPodで再生されているであろう楽曲のわずか3%でしかない。それ以外は”プロテクトなど全くされていない”CDから取り込まれたもので、楽曲の著作権管理は現在でもそれほど十分にされているわけではないから(よって、プロテクトを厳しくしようがしまいが)、あまり状況は変わらないだろう。(括弧内は文脈からのオレの推測)」といっている。記事の後ろのほうでは、「自分たち(大手音楽会社)が販売しているCDの著作権保護はほったらかしにしておいて、おれたちが扱っている音楽配信の楽曲ばかり著作権をうるさく言うのはいかがなものか」的な事もいっている(はず)。

なので、この意見記事は決して「DRM廃止を推進すべき!」という主張ではなく、この間 ノルウェーで出された「iTunes Storeで買った楽曲ってiPodでしか再生出来ないのは排他的だから、国内で売ってはいけないよ」という判決に対する意見であり、その動きに同調しそうなヨーロッパ諸国に対する牽制として「そんなこと言ったって、今の音楽業界の状況はこんなんだし、4大音楽会社からのプレッシャーもあるし、おれたちは仕方なく一見排他的に見える事をやっている(やらざるを得ない)んだよ。」と言い訳しているだけなのだ。(4大音楽会社の本拠地および拠点はヨーロッパ諸国に存在する、とも書いている)

まっ、そういうことで、このことに関して各ニュースサイトが配信しているニュース記事は事項の本質を全くついてないと思われますな。

つたない英語力で、理解の間違い、勘違いがあるかもしれませぬ。ご指摘くださればありがたいと思います。

|

« 渡辺和博さん死去 | トップページ | appleは本当にDRMを捨てたいのか? »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/13822829

この記事へのトラックバック一覧です: アップルがまたブチ上げたもんだ:

« 渡辺和博さん死去 | トップページ | appleは本当にDRMを捨てたいのか? »