« SuperBowl XLI Result | トップページ | 渡辺和博さん死去 »

SuperBowlのCM

スーパーボウルの番組中に流されるCMは毎年話題になっているけど、その動画がインターネットで公開されている。場所はココ。 http://www.ifilm.com/superbowl/18373

で、その中にあった2007年のコカコーラCM「Happiness Factory」というのがあった。で、見てみたんだけど、これってちょっと前から日本のTVで流されてるCMだった。例の”コカコーラの自動販売機にコインを入れると、そのなかで繰り広げられる不思議な生物(?)たちがコカコーラを作ってる様子”を見せるってヤツ。TVで見てて、投入されたコインが日本のモノじゃぁないと思ったし、作りがアメリカちっくだったんで輸入もんだとは思ってたけどね。

で、スーパーボウルのCMってものすごく金をかけて豪華に作ったりして話題になったりする事が多いんだけど、そんなCMを日本ではスーパーボウル前から流されてたんだ。どういう作戦だったんだろう?本国放送後に流されるんならわかる気もするけどね。

さて、それ以外のCMでは町山智浩氏も「コラムの花道」で言及されてた、工場でミスをした工業用ロボット君が解雇されて路頭に迷い、最後には身投げしてしまうGMのCM。CMの趣旨は”GMはわずかなミスも許さない品質管理をしています”って事らしいんだけど(町山氏談。CM見ただけじゃよくわからない)、CM公開サイトに対するコメントには好意的なモノに混じって”ロボットが自殺するわけ無い”とか”自殺をCMで扱うのは良くない”というものあった。まあ、あまり見てて楽しいCMではない気がしたね。

その他、ウルトラマンという題名モノもあった。(カーナビのCM)如何にも日本的な特撮テイスト満載な映像で、これは日本的特撮を見たこと無い人にはあまり理解されないだろうと思ったとおり、”分けわかんない”的なコメントが多。スーパーボウルのブログに”ウルトラマンのCMが流れてるぜ”というのがあって、どんなモノかと思ってたけど、本物のウルトラマンではなく、ウルトラマン風なヤツでしたね。雰囲気はあったけど。それにしても敵の怪獣(紙の地図がどんどん広がっていって怪獣になる)はいかがなモノか。スーパーボウルで何億円のCM料を払っても流すCMだったのかな?でも明らかに知名度は上がるね、Garmin。

ついでに、スーパーボウル放送内で流されるCMに出るんじゃないかと噂になってたD.ベッカムだけど、NFLの”: Chad Johnson's Super Bowl Party”というCMの最後に出てたぞ。(あのカリスマ主婦、マーサ・スチュアートもいた)で、そのベッカムは”きみはロサンゼルスのフットボールチームの選手かい?”なんて聞かれていた。”うん、そうだよ”なんて答えてた。出番、ほんの数秒。アメリカで言う”フットボール”とアメリカ以外でいう”フットボール”の違いがわからなければ面白くない。

そんなCMですが全部見たわけじゃぁないけど、面白かったのはコカコーラの”What Else Haven't I Done?”というヤツ。老人ホームっぽいところでコカコーラを(解説によると初めて)飲んだジーサンが”オレはこれまで何をしてきたんだろう?”とつぶやくと突然やる気満々になって、妻に”いつもおまえを愛してるよ”と電話をかけるやいなや、プールで高飛び込みしたり(なぜ、プールの高飛び込み?)、胸に入れ墨を入れたり(Mi Vida Locaと読める。スペイン語で”My Crazy Life”という意味らしい。入れ墨師らしいひげオヤジやそれをみてて”いいぜ”とつぶやくオヤジもイイ感じ)、なぜかスペインの牛追い祭りに参加したり、ハイウェイをバイクでぶっ飛ばしたりするって内容。バックには”2001年”でおなじみの”ツゥラトゥストラはかく語りき”が高らかに流れる。いいぜ元気なジーサン、最高。(コメントにこのCMは2006年に流されたヤツだ、とあった。どうなんでしょう?最後には最近のコカコーラのCMでみるキャッチフレーズの”the Coke side by life”って出てるけど。まっ、それに関わらず面白いからよしとする)

|

« SuperBowl XLI Result | トップページ | 渡辺和博さん死去 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/13811949

この記事へのトラックバック一覧です: SuperBowlのCM:

« SuperBowl XLI Result | トップページ | 渡辺和博さん死去 »