« 朝青龍 初の連敗スタート(らしい) | トップページ | ドラフト制度改革 その2 »

ドラフト制度見直しに巨人柔軟姿勢

西武の裏金問題で、ドラフト制度の見直しが討議されていますが、これまで現行のドラフト制度見直しに反対してきた巨人が一転、見直し推進に転換したとのニュース。

当初はナベツネ氏が「そんなもん、反対じゃー」とわめいてたけど、球団はその後に日本版ウェーバー制の提案をするという素早さ。

で、その真意はといえば、昨今 巨人人気の凋落が激しく、有望な新人選手がそれほど巨人を希望しなくなったので、「希望枠」という制度自体にうまみが無くなった事と、現在のFA制度でとった選手は旬を過ぎた選手が多く、給料ばかり高くてあまり戦力になっていないという状況から、「現在のドラフトやっててもおいしいところはあまり無いし世論も現行ドラフト反対だし、このまま現行制度推進派でいてはメリットがないから、別の上手い方法を考えた方がいい。」というものでしょう。

ドラフトが成績順で指名するとなると、有望選手を金と人気にあかせて確保することは出来なくなるけれど、ドラフト制度改革のバーターにFA権獲得の年数を短くして、実績のある人気選手を確保出来るというメリットが出てくる。

ものになるかどうか分からない選手に金をつぎ込むよりも、実績のある選手に金を多く使った方が良いという、経営陣の判断があった結果であろうということは、誰が見ててもよく分かる様子ですな。

じゃぁ、なんでナベツネが喚いたかというと、そりゃアリバイ作りですよ。これまで反対してきたのに、いきなり賛成に回るのはちょっとかっこわるいから、ジーサンを生け贄にしたって訳でしょう。ナベツネ氏が喚いても、「まあ、もうご高齢だし・・・」で話を丸く収めることが出来るし、未だに読売の実権を握っているといわれているヒトの発言だから、巨人軍としての考えを世間に示そうとした場合、それなりの信憑性とアピール力はあるしね。(今回はダミーなんだろうけど)

|

« 朝青龍 初の連敗スタート(らしい) | トップページ | ドラフト制度改革 その2 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/14257777

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト制度見直しに巨人柔軟姿勢:

« 朝青龍 初の連敗スタート(らしい) | トップページ | ドラフト制度改革 その2 »