« Wiiを買いますた | トップページ | 新しい「野球連盟」を作れ »

「硫黄島からの手紙」を観る DVD

Iwojima
GWなので、長い映画ですが「硫黄島からの手紙」を観ました。

渡辺謙さんの演技は良いんだけれど、あんなカンジの将軍が日本陸軍にもいたのかな?と、ちょっと違和感あり。もっともオレが持っている旧日本帝国軍の将軍のイメージがおかしいのかもしれない。とは思うモノの、ちょっと軽すぎっていうか、アメリカナイズされすぎなカンジ。(栗林中将のアメリカ滞在エピソードも出てくるので、説得力はまあ、有り)。

一方、演技力が評価されていた嵐の二宮君ですが、オレとしては台詞回しは×。演技はなかなか良いですね。とても重要な役どころを(物語を進める上での狂言回し)十分果たしていたと思いますね。

映画全体としては、日本映画にありがちな「愛国万歳」的だったり「お涙ちょうだい」的だったり「厭戦」的すぎたり”せず”、国を愛する心と戦争をイヤだと思い、家族を思う心の葛藤がありで、一筋縄ではいかない内容。

日本軍の非道な振る舞いも表現される一方、とても人間的な部分もありで、その混在加減は戦後に生まれて育ってきたオレとしては、かなり混乱し、理解しがたい心情ではありました。

そんなこの映画、観る前は「2H20Mは長杉」と思ってたけど、見終わるとそうではない。C.イーストウッドとP.ハギスの「ミリオン・ダラー・ベイビー」コンビにかかると、見応えのある映画に仕上がっておりました。

ただし、戦闘シーンなどでは、残酷描写もありで、ちょっと辛いかも。

それにしても、なぜこういった映画が日本では作られないのかな。同じ題材でも日本で作ったら、「海は死にますかぁ~」みたいな映画になってしまうがち?

そんな映画ですが、プラボーポイントは3.5ブラボー。日本語の台詞が聞き取りづらいのが難点。(ごくわずかに出てくる英語の台詞の方が聞きやすい?)

|

« Wiiを買いますた | トップページ | 新しい「野球連盟」を作れ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/14922126

この記事へのトラックバック一覧です: 「硫黄島からの手紙」を観る DVD:

« Wiiを買いますた | トップページ | 新しい「野球連盟」を作れ »