« WWDC2007 Keynote "One more thing..." | トップページ | Safariはどうだ 2 »

Safariはどうだ

WWDC2007の大きな話題の一つが「Windows版Safari」のリリースですが、さっそくいろんな記事が出ておりました。

まず、「Windows版Safariのセキュリティホールがたちまち発見される」ってもの。ベータ版だから許してあげてという気持ちと、「Windowsの世界はMacほど甘くないぜ」という気持ちとの混在状態。頑張ってください、appleのヒトタチ。

(追記:その後 たちまちセキュリティホール対応の修正版がリリースされ、日本語がマトモに表示できないくせに、日本の公式サイトからのダウンロードも出来るようになってました。やる気マンマンだな、apple!)

もう一つの記事が"Wired.com"に掲載されていた「WindowsユーザにどれくらいSafariが普及するか?」と言うモノ。記事の趣旨は「iPhoneのベース技術としてWindowsユーザにもSafariを使ってもらうようにするのはよいけれど、Safariにデフォルトブラウザにしてもらうまでの魅力が果たしてあるのか?すぐ落ちるし」というモノ。

たしかに指摘は正しい。インターネットとメールくらいの利用目的しかないユーザには別にIEでなんら問題なし、安定しているFirefoxから乗り換えるべき積極的な動機付けはない。やっぱ、ブラウザを乗り換えてもらうにはiPhoneがiPod並の普及をすることがキーですかな。そうすれば、同じアプリがiPhoneとPCやMacで同じように使えるって事で、普及が加速度的に広まる可能性有りだと思うし。

Jobsが基調講演で「オレたちにはWindowsユーザにiTunesやQuicktimeを普及させた実績があるぜ!」と威張ってたけど、あれってWindowsユーザがiPodを使いたいから普及したって事が主な原因な事を忘れてはいけない。(iTunes自体、単独でも良いアプリだとおもうけど、その真価はiPodと同期させて動かすことで発揮される)

Safariの旧バージョンはオレんちのiMac上で動いているPantherに載ってるけど、正しく表示されないサイトはあるは、突然落ちたりするわで全く使ってない。なのでメインブラウザはFirefox。そんなわけでSafariの印象はイマイチ良くない。でもWindows版のSafariも日本語にちゃんと対応したら使ってみたいとは思いますね。さて、どうなりますか。

話は変わって、気がついたらアクセスカウンターが10万ヒットを超えておりました。2005年3月から2年ちょっと。記事数はこのタイトルで923。まあ、ここみたいな弱小ブログなら、このペースってのは御の字ですね。みなさん、どうもありがとう。

|

« WWDC2007 Keynote "One more thing..." | トップページ | Safariはどうだ 2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/15421738

この記事へのトラックバック一覧です: Safariはどうだ:

« WWDC2007 Keynote "One more thing..." | トップページ | Safariはどうだ 2 »