« Coming June 29 | トップページ | Safariはどうだ »

WWDC2007 Keynote "One more thing..."

S.Jobsの講演はかっこいい。いつみてもかっこいい。

そんなkeynoteですが、Mac OS X Leopardの価格を発表する「ベーシックもビジネスもすべてのバージョンが129ドルだぜ」っていうやり方は、完全にマイクロソフトにケンカを売ってるな。きついジョーク。まあ、シャレているから許す。ケンカを売ってるといえば、keynote前のCM出演者のコントも。Bill、怒るなよ。

で、Mac OS X Leopard。 使ってみたくなる機能がたくさんアリ。iPhoneも。

appleのこれからの戦略として、インターネット端末として利用される場合のiPhoneでのベースになるはずのsafariをWindows用に提供したことや開発環境をWeb2.0+Ajaxに限定したことなどで、Windowsを開発環境として利用している人たちにとってiPhone上で動くアプリ開発の敷居を下げたし、それらは今後の技術的な動静をふまえてなかなかよく考えられてると思う。

願わくば、製品出荷の遅れによるユーザ離れなどがないように。

IT業界で(成功するかどうかはわからないけど)将来のビジョンをきちんと示し、その具体的な実現手段を提示するappleはすごい。

なので皆さん、keynoteを観ましょう。英語だけど、映像と一緒ならばSteveが話してる内容もそれなりに理解できるよ。

http://events.apple.com.edgesuite.net/d7625zs/event/

話は変わって、日経ビジネスに掲載された「iPodのユーザサポートは悪い」という記事。

概要についてWebで読んだけど、これってPC業界ではそれほど不思議じゃないと思えるけど、家庭内に普及してきて、一般の家電製品と同じレベルで語られ始めたってことでしょう。ナショナルや東芝、日立などの家電製品のサービスと比べられると、やっぱりサービスが悪いと思われるかも。でも、しょうがないんじゃないの。appleってアメリカの会社だし。PC業界のサービスって、(Your Own Risk的で)こんなもんだろうし。

|

« Coming June 29 | トップページ | Safariはどうだ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/15410900

この記事へのトラックバック一覧です: WWDC2007 Keynote "One more thing...":

« Coming June 29 | トップページ | Safariはどうだ »