« ドッグイヤーと申しますが | トップページ | ドイツ BRUNNEN のボールペン »

Bring your own bottle

別にエコ志向ではないんだけど、ふと思いついて水筒を買うことにした。

水筒といっても、小学生が持つようなヤツではかっこ悪い。なので、かっこいい事をのみ基準に水筒選びをする。

んで、良いんではないかと思われたのが、登山用品でスイスのシグ社とスペインのラーケン社のモノ。はじめはシグ社のヤツにしようと思ってたけど、アマゾンに在庫がなかったんで、ラーケン社のほうにする。

Larken
0.75Lの青いの。金曜日深夜に注文して、月曜日に届く。日曜日に届くと思ってたけど、ちょっと遅かったな。まあいいけど。(写真は1.0Lのもの)

で、モノはどうか。まだ使ってないんでわかりません。感想はまたの機会に。

まあ、エコ志向ではないけれど、ふと思いついて買ってみて思ったことは、「水の量り売りをしろ!」と言うこと。

コンビニあたりでミネラルウォーターやお茶、またはジュースあたりを量り売りしてはいかがなものか?

最近の流行っぽいエコ志向で、沢山の人が水筒を持ち歩き始めると、町中で水分補充する場合、ペットボトルを買うと元の木阿弥。なので、水分はすべて量り売りにすればどうかと思う。単価も安くなるし、無駄な容器も削減できるし、最近スーパーでやってるみたいに、デカイ浄水器を設置して無料で(あるいは格安で)水を配布したりしてね。なかなか良いと思うけど。どこかやらないかな?地方では難しくても、都市部では実現性あると思うけどね。

最初にやり始めた会社は「エライ」と思われるんじゃない?(ブームだし)

どうでしょう?

|

« ドッグイヤーと申しますが | トップページ | ドイツ BRUNNEN のボールペン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/15859546

この記事へのトラックバック一覧です: Bring your own bottle:

« ドッグイヤーと申しますが | トップページ | ドイツ BRUNNEN のボールペン »