« 手帳は高橋 その他 | トップページ | 内藤大助対亀田大毅の試合 »

iPod touchをさわる

そろそろ商品がショップにも出回り始めたらしいiPod touchですが、本日 ホンモノをさわる機会があり、少しばかりいじくってみました。

第一印象は「薄い!」ってこと。思った以上に薄い。クリックホイール第一世代のiPodを所有する身からすると、その薄さは圧倒的。

それから、絵がキレイ。液晶がキレイだということはいろんなところで語られてきていたけれど、動画もちらつきもなくとてもキレイ。

で、動作がしゃれてる。iPhoneが発表になったとき、ストリーム映像でのみ見てきたあの画面オペレーションを実際にやってみて、改めて感心しましたね。あのスムーズさなんて、初めてクリックホイールを使って以来の驚きでした。(登録されてた曲が少なかったのと、使い方がよくわからなかったんで、あのカバーフローは確認できなかったのが少し残念)あの使い心地に比べると、Windows mobileなんてクソみたいなもんですな。ただし、あのソフトキーボードはちょっと小さくて使いづらかった。手のデカイアメリカ人がよく使いこなせてるな、という印象。ちょっと小さすぎかもしれない。タッチパネル形式で、クリック感がないから余計そう思えるのかもしれないけど。

まっ、そんなわけで、ニュースで見てた以上に実物はスゴい。iPhoneは携帯電話として普及するかどうか、なんて記事もあるけれど、ビジネス的な制限などは別にしても製品としては非常に魅力的なもので、「売れない訳ない」ですよ、あれは。願わくば、もう少し記憶容量が大きければねぇ。(それも次世代機になれば、いきなり2~3倍のメモリを積んだのが出てくるはず、と期待してます。)

|

« 手帳は高橋 その他 | トップページ | 内藤大助対亀田大毅の試合 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/16714709

この記事へのトラックバック一覧です: iPod touchをさわる:

« 手帳は高橋 その他 | トップページ | 内藤大助対亀田大毅の試合 »