« 「挑発者」読了 | トップページ | モレスキン ダイアリー »

「PLUTO」 読みかけ

手塚治虫の名作と言われている鉄腕アトムの一エピソード「世界最大のロボット」リメイクしたのが「PLUTO」で、近所のゲオが漫画のレンタル(貸本ですな)を始めたので、特に読みたい作品はなかったけど、試しに借りてみたのが浦沢直樹作のコイツであります。

読み始めるとオモシロイ。昔、「Masterキートン」が好きで、単行本を何巻か買って読んでたけど、それ以来の浦沢直樹もの(っていうか、漫画自体を通しで読むのは久しぶり)。

で、作品自体はまだ完結してないらしいので、感想としては「早く続きを読みたい」って事だけです。(今は3巻まで読みました)

なモンで、原作はどうなってるんだろうと手塚治虫版を本屋で探して読んでみました。

で、鉄腕アトム版のほうの感想ですが、PLUTOとは雰囲気が全然違う。オモシロイといえばオモシロイ。ありふれてると言えば(今の目から見ると)ありふれてる印象でありました。アマゾンなどでは絶賛に近いコメントが並んでいますが、それほどでもないと思いますね。が、物語としては良くできてると思うし、教訓めいた内容はいろいろと考えさせられる内容でした。

絵自体は古いし、特に手塚治虫ファンではないオレとしてはそれほど凄いともオモシロイとも思わなかったですね。やっぱり今時点の感覚で読むと、圧倒的に浦沢版の方が良い。多少の差異はあってもストーリー展開は同じように進むんでしょうか、この後どんな展開になるかが楽しみですな。さて、どうでしょう。

|

« 「挑発者」読了 | トップページ | モレスキン ダイアリー »

「読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/16936360

この記事へのトラックバック一覧です: 「PLUTO」 読みかけ:

« 「挑発者」読了 | トップページ | モレスキン ダイアリー »