« 1000タイトル目 | トップページ | ミニ万年筆"ALWAYS" »

管理人 iPodバッテリー交換す

普段はiPod nanoを使ってるけど、長時間の移動が予想される出張には4G iPod20Gをもってく事にしている。で、このiPod 買ってから3年近くたって最大再生時間が2、3時間くらいになってしまっている。バッテリーゲージがみるみる減ってゆく。これではイカン、ということでバッテリーを交換することにしました。

近所のパソコン屋をのぞくと、交換用バッテリーを4000円くらいで売ってたけど、ヤフオクでチェックすると2980円。それにヤフオクでそいつを出品してたのがあの「イケショップ」! そうです、パームユーザにとっては聖地と呼ばれてたあのイケショップです。オレも出張がらみで何度かあの地下鉄駅途中の中途半端な地下にある店に行ったことがあるけれど、ある時、突然店がなくなってて悲しい思いをしたあのイケショップです。

最近めっきりPDA関係が下火になってしまったなぁとおもってたら、バッテリー販売でしっかりと生き残っておりました。(もともとがマック関連の店だったみたいで、そちらは相変わらずなんでしょう。たぶん)

さて、交換はむろん自己責任でってことで、バッテリー交換手順については国内外の関連サイトをググってみたわけですが、関連サイトはたくさんあって情報収集に困ることはなし。

で、詳しい話はそれらのサイトを参考にしてもらうにして、自分でやってみて気がついたことをいくつか書きましょう。

まず、ケースを開けるんですが、これは各サイトに書いてある手順通りでオッケー。ただし、多少力が必要です。「ちょっと大丈夫か、これ?」位の勢いが必要です。で、それくらいの勢いでケースを開けるもんだから、ケースが多少ゆがみます。バッテリー交換後に再度組み立てたら、ケースつなぎ目の一部が微妙にずれた感じになりました。気にするヒトは気にするでしょうから、ケースを組み立て直す前に、ゆがみは補正しておきましょう。(ゆがみといってもそれほどすごいわけではありません)

それから、基盤の下をバッテリーケーブルが通されているので基盤を止めているネジをゆるめる必要があるんですが(ゆるめなくてもケーブルを取り外すことはできるかもしれないけれど、ネジをゆるめた方がベター)、これって本当は規格にあったトルクスレンチをつかってゆるめる必要があるでしょうが、実際には眼鏡用などの精密マイナスドライバーを使えばゆるめられます。めがねユーザのオレはそれを使いました。

まっ、そんなわけで15〜20分くらいで交換は完了。交換・充電後 試しに連続再生させてみたけれど、バッテリーレベル表示(これはこれで信用できない代物だけど)を見る限り 確実に良くなっている。バッテリー容量からいえば2倍になってるけど、新品程度の再生時間が確保できればオッケー。これで長時間移動時に心配しいしいiPodを使う必要はありませんね。よかったよかった。ただ一点の心配は、バッテリーのムゲンパワーは中国製だってこと。同じムゲンパワーのデジカメ用バッテリーを購入したことがあったけど、純正品とくれべて約3分の1程度の値段のためか、半年くらいでへたってしまった。その点がちと心配ですが、そういった報告はいまのところどのブログでもされてないので、まぁ大丈夫でしょう。

そんなわけで、次の野望はディスク交換かな?今 20Gバイトだから、同じ厚みのディスクで40Gバイト交換希望。ただし、現在同じ東芝製は製造中止?との情報もあるし、いかんせん高い。ので、同じ予算を使うんならば、新型購入を前向きにね。

|

« 1000タイトル目 | トップページ | ミニ万年筆"ALWAYS" »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/17317126

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人 iPodバッテリー交換す:

« 1000タイトル目 | トップページ | ミニ万年筆"ALWAYS" »