« 珍しい特急券を見ました | トップページ | Xリーグ ファイナル6 富士通×オンスカ »

「黒本」読了

出張の車中で読む軽い読み物として100円で古本屋で見つけたのがこの「黒本」

で、中身は「平成怪談実録」と銘打ってあるだけあって、人々が体験したという「怪談」を集めたという体裁。実際に取材して集めたんだろうけど、文章がヘタ。

この本と同じような内容で「新耳袋」というのがあるけど、こっちのほうが面白い。

どちらもきちんと起承転結がなくて投げっぱなしな印象を受ける内容なんだけど、「新耳袋」のほうが投げっぱなしなりにきちんとまとまってて、それでいて不思議な余韻を残してて読んでて面白いし怖い。

一方 「黒本」は話を並べただけで、因縁話にもなりきれてないし、かといって不思議な余韻もなく、「なんでそーなの!?」という印象が残るだけ。

作者は一応 小説なども書いてるみたいだし、新潮文庫から出てるわけだし、もう少し文章を検討された方がよいんではないでしょうか。かかれた内容も理解しづらい所もあるし(オレの理解力不足のみが原因か?)。

で、評価は30点。

|

« 珍しい特急券を見ました | トップページ | Xリーグ ファイナル6 富士通×オンスカ »

「読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/17238024

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒本」読了:

« 珍しい特急券を見ました | トップページ | Xリーグ ファイナル6 富士通×オンスカ »