« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月3日 - 2007年6月9日

コムスンやなんやかや

コムスンが汚い手を使って老人を食い物のしつつ金儲けしていると叩かれている。
まっ、それは叩かれてもしょうがない行為をコムスンがしてしまったということで、それを叩くってこと自体は良しとする。(もっとも、ライブドアにせよ村上ファンドにせよ、ワカゾーがもうけている状態って必ず何かの理由で叩かれ始めるね。まあ、叩かれる側の脇が甘すぎっていう事かもしれませんが)

が、あまりに一方的な見方で叩きすぎな気もする。介護保険制度自体やそれを運営する国の行為には問題がなかったのか(ないのか)をこの際キチンと調査すべき。自分たちがいい加減にやってきて、問題が発生したら「それは許せん」とたたき始めるのはいかがなものか。厚生労働省の関係各位には猛省を促したい。

で、今回のこのコムスンがやろうとした傘下の他の会社に業務を丸投げして法的な問題をすり抜けて事態をやり過ごすっていう対応は、この間の高校野球特待生問題でどっかの高校が野球部を一度解散し同好会にして再度登録した(再度の登録を認めた)ってやり方にその考え方の基本的な部分がそっくりな気がするのはオレだけ?

まあ、あちらはたかが高校野球でこちらは老人介護問題で問題の社会的な影響度合いが違うといえばそうだけど、物事に対する対処しかたの本質って何も変わってないんじゃない?どうでしょう。

さて、厚生労働省といえば年金問題。で、この年金についての問題点は「その人について就職、結婚などの異動があると、それぞれの時点での制度下で発生したデータについて同一人物のものかどうかの関連性が明確にできない」という部分であると思うんですが、これってあの悪名高い「住民情報ネットワーク」で勝手に国民に振られた番号を利用すりゃ(今後の運用については)一発で問題解決だと思うんですけど。もっとも、これまで手書き台帳で管理されてきたデータや、紙台帳からデータ入力時に間違って入力されたデータの復旧などには効果はないけど、せっかくあれだけ反対されながら実施して、なおかつ毎年膨大な維持費がかかっている「住民情報ネットワーク」なんだから、こういう時にこそ有意義に使うべきだと思うんだけどな。でも、誰もそれについて発言されないのは何故。(オレが知らないだけ?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »