« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »

2007年7月29日 - 2007年8月4日

ドイツ BRUNNEN のボールペン その2

注文してたブルネンのボールペンがハイタイドさんから届きました。

さっそく箱を開けてみると、中には本体とシールのみ。付属のインクはペリカノのヤツと同じサイズで(追記:カートリッジは正式な名前はよく分からないけれど、短いタイプのやつでした。訂正です。)、ペンの中にダミーカートリッジと一緒に入っていました。ツー事は、本体内に使用中カートリッジ1個と予備カートリッジ一個を格納できるって事です。急にインクが無くなったとしてもあんしん、安心。

さて、本体を持ってみるとラバーで覆われた軸は持ちやすく、グリップ部分もくぼみがあって書きやすい。しかし、このラバーってゴミがつきやすそう。それと、キャップを軸のおしりにくっつけて書こうと思うと、多少後ろにバランスがくるカンジで、書きづらい印象。なので、書くときにはキャップは外したままがオススメかも。(軸の長さは十分なので、キャップナシでもオッケー。キャップをつけても上手く一体化になるようデザインされているので、こちらも見た目は全然かっこいい)

まっ、そんなわけですが、万年筆のほうはコレクション用として箱から出してみただけでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »