« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

エンピツ届く

ロケットシップと分度器どっとこむに注文してたエンピツが届いた。メール便で送料がお安く、分度器どっとこむはエンピツ一本から注文できるのがうれしい。

で、注文したのがDIXONとペーパーメイト、ロディアとステッドラーとリラ、そしてファーバーカステルの消しゴム付きエンピツが中心。

DIXONは本体にChinaと刻印された中国製でがっかりしたけど、まずまずの書き味で一安心。ペーパーメイトはアメリカ製っぽいけど、品質悪しで、こちらは本気でがっかり。ステッドラー リラはドイツ製だけあって悪くない品質。ロディアは三角軸で鉛筆削りに上手くはまらずちょっと残念。で、もう一個 頼んだのがファーバーカステル9000番パーフェクトペンシル用替え鉛筆。使ってみるとコレガ一番。UFOペンシルのヤツよりイイ感じ。なので、この間買ったUFOパーフェクトペンシルに装着して使用することに。こっちの方がカッチョイイぜ。満足であります。送料まで全部合計しても1500円くらい。まあ、なんて安いんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内藤大助対亀田大毅の試合 その2

昨日の内藤・亀田戦については様々なところでいろいろなことが書かれているが、そのなかで「コレハオモシロイ」と思ったのが以下の内容。

「亀田大毅の試合終盤の反則行為は、故意に失格をねらったモノ。反則行為による失格ならば”若気の至り”と言い訳して、負けとして認めないと言い張ることもできる。しかし、結果は判定負け。目論見はもろくも崩れ去ったのであった」

そういう見方もあったかと目から鱗。いずれにせよ今後の亀田一家の出方が楽しみ。

それにしても、亀田家敗戦を受けて、マスコミ陣はバッシングに走ってる気がする。一方的すぎだぜ。気をつけろ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

内藤大助対亀田大毅の試合

TV観戦。

オレはボクシングはよくわからないけれど、内藤選手はそれほど強いという印象は無かった。最強の王者を倒してのチャンピオンベルト奪取だったらしいが、最強王者を倒した最強さ加減が良くわからない。まあ、ガードをがちがちに固めてる亀田選手に勝つための作戦として、あの試合運びが最善だったのかもしれない。詳しい人、教えてください。

追記)ボクシングに関する冷静な評価をしている(と思う)ブログに、この試合のことがありました。亀田騒動の中であくまでも中立な立場で冷静にボクシング愛をもって運営されているブログです。
沖縄マニアのボクシング観戦日記

結果は前評判通り、内藤選手の勝ち。勝ちと言っても判定(大差が付いてたけど)なので、内藤選手も多少不満が残る結果だったかも。試合後のインタビューは妙にテンパってて、その原因は何かが少し気になる。

で、亀田選手。キャリア1年で、世界チャンピオンに対してダウンもとられず12ラウンド戦ったことは評価されるべきだと思う。ただし、相手を投げ飛ばしたり、二人してもつれるように倒れた時、グローブで内藤選手のカットしたまぶたあたりをグリグルしようとしていた様子に見えたのはプロ選手としては失格。試合中、内藤選手もかなり抗議していたように見えたし、途中反則を取られたりしたのも、あれって亀田選手側の何らかの行為が原因だと思うんだけど、亀田選手は真摯に反省すべきですな。

それから、TBSのアナウンサー。内藤選手がまぶたをカットしたとき「ケガがひどくなれば亀田選手のTKO勝ち」的な発言をしていたが、聞いててイヤになった。オレは本当のボクシングファンではないけれど、勝とうが負けようがきちんとした試合で結果が出る試合を見たかった。でも、TBSとしてはTKOで亀田選手が勝って欲しかったような雰囲気で満タンで(TBS自身は試合前に”そういったことはしない”と宣言してたらしいけど)、解説者のコメントを含め、客観的な色は薄く、毎度のことながらがっかりしてしまいました。明日、ストリームで小西克也氏がどんなコメントをするか、いろんな番組で勝谷誠彦氏ややくみつる氏がどんな悪態をつくかが楽しみだ。で、高橋ジョージ氏やみのもんた氏はどうなんだろうね。亀田父はなんて言い訳するんだろう。切腹はするのか。今回の試合前に広げた風呂敷を亀田陣営がどう畳むかが楽しみですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

iPod touchをさわる

そろそろ商品がショップにも出回り始めたらしいiPod touchですが、本日 ホンモノをさわる機会があり、少しばかりいじくってみました。

第一印象は「薄い!」ってこと。思った以上に薄い。クリックホイール第一世代のiPodを所有する身からすると、その薄さは圧倒的。

それから、絵がキレイ。液晶がキレイだということはいろんなところで語られてきていたけれど、動画もちらつきもなくとてもキレイ。

で、動作がしゃれてる。iPhoneが発表になったとき、ストリーム映像でのみ見てきたあの画面オペレーションを実際にやってみて、改めて感心しましたね。あのスムーズさなんて、初めてクリックホイールを使って以来の驚きでした。(登録されてた曲が少なかったのと、使い方がよくわからなかったんで、あのカバーフローは確認できなかったのが少し残念)あの使い心地に比べると、Windows mobileなんてクソみたいなもんですな。ただし、あのソフトキーボードはちょっと小さくて使いづらかった。手のデカイアメリカ人がよく使いこなせてるな、という印象。ちょっと小さすぎかもしれない。タッチパネル形式で、クリック感がないから余計そう思えるのかもしれないけど。

まっ、そんなわけで、ニュースで見てた以上に実物はスゴい。iPhoneは携帯電話として普及するかどうか、なんて記事もあるけれど、ビジネス的な制限などは別にしても製品としては非常に魅力的なもので、「売れない訳ない」ですよ、あれは。願わくば、もう少し記憶容量が大きければねぇ。(それも次世代機になれば、いきなり2~3倍のメモリを積んだのが出てくるはず、と期待してます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳は高橋 その他

来年の手帳が出そろっている今日この頃ですが、オレとしては来年の体制について、仕事のスケジュール管理はビソプランで、日記代わりのプライベート用にはトラベラーズノートにしようと考えておりました。

で、ふと本屋さんに並んでいる来年の手帳をみていると、なんだか新しいのがほしくなってきたりして。しかし、机上カレンダー兼用のビソプランに代わるものはなく、トラベラーズノートもこれから使い込んでいい味がでる(はずだ)しで、今ひとつ躊躇する。んが、結局「ビソプランの換えカバーのつもりで買えばいいんだ。フリーポケット付きもあるしね」と自分を納得させて買ったのが高橋書店の「ティーズスリム2」というヤツ。色は明るい黄色のみなんだけど、これまでの暗い緑よりはいいんじゃないか(汚れが目立ちそうだけど)。

一見、高橋書店の手帳っぽいけど、実は中身はクオヴァディスというのが少しかっこいいかな、なんて一人悦に入ったり、ちょっと安っぽい感じの(実際高くはない)手帳のビニール製ペンホルダーにパーフェクトペンシルを挟んでみたりと、一人勝手な妄想力。

まっ、すぐに飽きたとしても872円だし、中身を元に戻せば立派に使えるわけだしと言い訳したりする。

そんななか、鉛筆が好きになってきたオレとしては、手元にある日本製とドイツ製の鉛筆だけではつまらない。ので、ハリウッド映画などではよく見るあの黄色い消しゴム付き鉛筆がほしくなった。(消しゴム付きの黄色軸のTOMBOW鉛筆は持ってるけど、アメリカ製は何か違うに違いない。ボールペンやシャーペンよりも頻繁に使われているようだし。)

で、そんなとき登場いただくのが「ステーショナリーストア ロケットシップ」。アメリカ製の渋い文房具(っていうか、店名のとおりステーショナリー)を通信販売してくださるありがたいお店。早速注文したのがDIXONとペーパーメイトの鉛筆(それぞれ4本セットの)。どちらも黄色くてケツに消しゴム付きですね、当然。(ついでに、ステッドラーのスティック消しゴムの換えゴム一個。これは伊東屋補助軸に差し込んで使ってみたかったから)

注文した鉛筆たちは一応アメリカブランドだけど、ちゃんとアメリカ製なのかな。最近のアメリカブランドって、ほとんどがMade in China.だったりしてガッカリさせられる。もっとも、アメリカ製だと言っても安心はできないけど。日本製に比べると「ええっ?」ってなかんじの製品は多い。(かつては多かった。何度もガッカリしたけど、それがいい味出してたりもした)

そんなわけで少し心配だけど、楽しみでもありますね。ロケットシップさんは連休はお休みで9日発送とのこと。5回目の注文で送料はタダ。送料を気にして、メール便での発送をお願いしたけど、それならメール便不可の商品も一緒に注文すればよかった、なんて思ったり思わなかったり。

9784471671617_t_3

Dsc00920_3

Oriolet1_3

話は変わりますが、ジェットストリームの新型を買おうと思ってたけど、実物をみてそれほど心が動かされなかったのでやめました。そのかわり、OHTOリバティにジェットストリームの芯を入れて使うことに。ジェットストリームの芯は径が細いので、そのままではうまく装着できない。なので、厚紙をパンチした後の丸いパンチで抜かれた方のやつをリバティ本体に入れてやると、それが蓋の役目をしてキチンと装着可となります。めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »