« 新幹線に乗ってて気づいたんだけど | トップページ | 「ロージャ」って何ですか? »

NFC Conference Championships - January 20, 2008

夕べ出張先のホテルでNHKBS1で放映されていたNFCのカンファレンスチャンピオンシップ グリーンベイ対ニューヨークジャイアンツを見た。

2Q後半から4Q中盤までベッドの上でウトウトしながら見てたので途中経過はあやふやなのですが、4Q終盤からO.T.はなかなかどきどきさせてくれた試合でした。

試合は零下20度近い気温の過酷な条件で行われてました。選手はともかく、観客やオフィシャルなど寒すぎて大変だったと思われます。(もちろん選手も大変だったでしょう)

で、試合を通してライン戦が優勢だったジャイアンツですが、試合自体をなかなか優位に進めることができず苦戦。寒さのせいか、両チームともにイージーパスを落とすなど、ミス多発。ファンブルやインターセプト、ロングゲインの場面で反則など、選手やベンチやファンにとってはいらいらした試合展開でした。

で、4Qのこり6秒。同点で攻撃中のジャイアンツは最終プレーでフィールドゴールで終わらせる作戦。この試合のキッカーは2本フィールドールを決めてるけど、直前の40YDSを越えるキックは失敗している。が、ラストは残り35YDS程度で、成功確率は高いはず。が、スナップが悪いこともあってミス。グリーンベイ陣営は大喜びで、ジャイアンツ陣営は意気消沈。結果、試合はサドンデスのオーバータイムに。

グリーンベイがコイントスに勝ち先攻。先攻チームが有利と言われているらしいけど、統計的には根拠なしだと、解説者が話してたとおり、グリーンベイの攻撃はインターセプトでターンオーバー。ジャイアンツは3回の攻撃で敵陣35YDS近くまで進んだもののFDがとれず、どうするかと思ってたらフィールドゴールを選択。4Q終了時に失敗した距離より長く、プレーオフで45yds以上の成功例はないとアナウンサーの指摘。さっき試合を決められなかったキッカーが漢になるかという場面で、今度は見事フィールドゴール成功し、ジャイアンツがスーパーボウルに出場することとなりました。

後半、ファーブの調子が今ひとつだったこともあるけど、やっぱり あのプレッシャーの中でキックを成功させた(失敗もしてたけど)キッカーに拍手。よかったね。

|

« 新幹線に乗ってて気づいたんだけど | トップページ | 「ロージャ」って何ですか? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/17789850

この記事へのトラックバック一覧です: NFC Conference Championships - January 20, 2008:

« 新幹線に乗ってて気づいたんだけど | トップページ | 「ロージャ」って何ですか? »