« 新型ハイチユウです | トップページ | 広川太一郎氏 亡くなる »

「憑神」を観る

妻夫木聡主演の映画「憑神」を観た。浅田次郎の原作は未読。

で、感想は「面白かった」だけど、妻夫木聡の演技と台詞は良くなかった。全然ダメではないけど、ダメ。台詞は滑舌が悪く、演技も今ひとつ。周りを芸達者のヒトタチが固めてるので(赤井英和は別)余計目立つ。それからラストは今ひとつ。原作はどうだったんだろう。映画と同じなのかな?

以下、ねたバレ。

せっかく将軍慶喜と主人公がそっくりで、主人公の家は代々徳川家の影武者をしていたという設定なんだから、それをもっと生かすべきだったと思う。ラストは主人公が死ぬ代わりに将軍慶喜が死んで、主人公が将軍として余生をおくるってラストのほうがスッキリしたのにね。(そうすると、徳川家からクレームが来る?)

なんてこと言ってるけど、原作が良くできてるせいか映画としても良くできてて大変面白く観れましたので合格。

3.5ブラボーでした。

|

« 新型ハイチユウです | トップページ | 広川太一郎氏 亡くなる »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/40431350

この記事へのトラックバック一覧です: 「憑神」を観る:

« 新型ハイチユウです | トップページ | 広川太一郎氏 亡くなる »