« 「13階段」読了 | トップページ | 「未来少年コナン」全話鑑賞 »

「ドラえもん」の映画を観に行く

ドラえもんの最新劇場版映画「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」を観ににゆく。ドラえもん映画は久しぶりに観る。

原作者が亡くなる前の作品はビデオなどでそれなりに観てたが今回の作品はその頃のものとはチガウ。声優陣が代わってからの最近の作品はおおむねそうなのかどうかは知らないが、絵柄からしてチガウ。声はそれほど違和感はなかったけど。

で、どうだったかですが、如何にも「カンドーさせるぜ」という展開はちょっとね。これまでも繰り返された「突然の来訪者」>「仲良くなる」>「一緒に戦う」>「勝利」>「涙の別れ」というお涙黄金律の展開。でも、作品中のエピソード一つ一つがこれまでの「お子様映画」的なものと違う。ちょと大きなオトモダチ向きか?

作品のテーマは「地球環境を大切にしよう」というものでストレートなものなんだけど、中盤までのエピソードとクライマックスに向けての展開は、小学校低学年にはよく理解できない内容だった気もする。それから、ラストのまとめ方もなんだか力業でムリヤリまとめたっぽくて今ひとつよくわからない(特に小さなオトモダチには難しいんじゃないか?)時間の問題でいろんな場面をはしょらざるを得なかったのか、元々の原作になかった壮大なまとめ方をしようとして消化しきれなかった結果か?

いずれにせよ、CGを効果的に使用した画面作りはアニメーションとしてクオリティーは高い。映画の中で見せるカメラ視点の移動などは実写映画に負けない。実写的な迫力ある画面とアニメ的な動きのおもしろさが上手くまとめられていて合格点です。

で、観てて気がついたんだけど、この映画ってかなり宮崎作品の影響を受けている気がする。アクション描写や画面構成、人物造形などどこかで観たことがあるような印象をそこここの場面で感じましたとさ。それから主人公達のギャグっぽいっていうかアニメっぽい動きには手塚作品っぽさを感じました。過去のいいとこ取りですね。でも上手く取り入れてるんでマルです。

で、私のブラボーポイントは3.5ブラボー。観て損はナシ。子供からオトナまでみて楽しいと思いますね。入場者全員にドラえもんのおもちゃがもらえるし。(もちろん大きなオトモダチにもね)

追記)
今回のドラえもんはひみつ道具があまり出てきません。通常のドラえもんでは、事態の打開の為に使用されるひみつ道具がかなりのウエイトを占めるんですが、今回は物語のキーとして使われるものの、問題解決にはのび太くんたちは自身の力のみで立ち向かいます。

とかく「ひみつ道具に依存してだめなオトナになってしまうのでは?」という批判を浴びたりするドラえもんですが、今回はそんな批判にはあたらない。そんな脚本の意図が感じられますね。

|

« 「13階段」読了 | トップページ | 「未来少年コナン」全話鑑賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/40527694

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラえもん」の映画を観に行く:

« 「13階段」読了 | トップページ | 「未来少年コナン」全話鑑賞 »