« 「バイオハザードⅢ」を観た | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」 »

セーラー万年筆 プロフィット21銀

セーラー万年筆のプロフィット21銀 中細を購入しますた。

これまで使ってたのはすべて5000円以下の安い万年筆でしたが、今回奮発して20000円のヤツを買ってみると、やっぱり書き味がチガウ。ペン先もこれまで使ってたのと違ってる。会社では主に鉛筆使ってるんで、ちょっとあんまり使う機会がないかなぁなんて思ってたけど、これならガシガシ使いたい。

で、インクはブルーブラックを瓶で買ってコンバーターを使うことに。初めてのコンバーター利用でしたが、そこそこスムースに準備完了。ただしインクで手が汚れる。やっぱカートリッジの方が楽かなぁ、なんて思ったけど、一緒にラミーのコンバーターも買ったし、他の色のインクを買えば別の楽しみもあるしで、まあいいかと納得。

ペン先は中細を選んだけど、思ったより細い印象(これまでよく使ってたプレピィの太さと同等くらいかな)。もっとも普段使いとしては覚え書きにちょこちょこ書いたりすんのが主な利用方法になるので、これくらいの細さならば良いかと。

ともかく、なかなかイイ買い物をしたと思います。(前回のLAMY20004ペンは今ひとつだったけどね)次に買うのは中字かな。

で、それとは別にトンボのAirPressを買いました。長さが短く、緊急用のメモで使えるかなと。本体色は黒・青・オレンジとあったけど、少し迷ってオレンジをチョイス。これならカバンの中に転がってても見つけやすいだろうという魂胆。コチラは0.7油性インクにしては線は細い。でも、インクもなめらかで書きやすい。またまたグーですね。

|

« 「バイオハザードⅢ」を観た | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」 »

「文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/40780586

この記事へのトラックバック一覧です: セーラー万年筆 プロフィット21銀:

« 「バイオハザードⅢ」を観た | トップページ | 劇団四季「美女と野獣」 »