« iPodに著作権料 だってよ | トップページ | 「オタクはすでに死んでいる」読了 »

「舞妓Haaaan!!!」を観た

宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演の映画「舞妓Haaaan!!!」を観た。

これって好き嫌いが分かれる映画なんでしょうね。オレとしてはオッケーで、とても楽しめました。

この作品は映画っていうよりも、アニメっぽいし、TVドラマっぽい。主演の阿部サダヲの演技は舞台っぽいし、堤真二もオーバーアクションな演技で、映画に「感動」を求めるヒトなんかはハナっから相手にしてませんっ!。でも、最終的にはハッピーエンドなんだけどね。

奇想天外な物語の展開や、「こんなヤツ いねーよ、フツー!」という登場人物目白押しで、フツーの映画だと思ってたら面食らいます。

終始ハイテンションな展開は息つく暇もないイベントの連続で、画面から目が離せない。

そんな映画なので、何も考えず楽しみたいヒトには最適。でも好き嫌いがはっきり分かれるんで、嫌いだったらごめんなさいね。

|

« iPodに著作権料 だってよ | トップページ | 「オタクはすでに死んでいる」読了 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/41174077

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞妓Haaaan!!!」を観た:

« iPodに著作権料 だってよ | トップページ | 「オタクはすでに死んでいる」読了 »