« 「有朋自遠方来 不亦楽 」 | トップページ | よくわらないんですけど »

MacOS X 再インストール

iMacG3がうまくブートしなかったりと調子が悪いのと、ゴールデンウィークに入っても予定がなく暇なのでMacOS Xを再インストールしてみました。とは言っても本体ディスクじゃなく外付けディスク。本体ディスクのパーテーションは一個なので、今ある設定やデータをバックアップとって再インストール後に復旧してっていうのがめんどくさいからそうしたわけで。MacOSって、外付けディスクからもブートできるんですごいと思いますね、PCユーザとしては特にそう思う。

で、オレが持ってるiMacは外付けディスクでもUSB接続ではブートできず、FireWire(IEEEE1394ですな)接続のドライブからのみオーケー(らしい)。なのですが、オレの手持ちでFireWire接続のアダプタおよびディスクはない。ではどうしたか?それはご推察の通り、iPodにOSをインストールしたんですねぇ。

オレが持ってるiPodのうち、20GのモデルはFireWire接続オッケーモデル。なので、こいつをディスクとして接続して、そこにインストールしようという魂胆。もちろんappleは推奨なんてしてない様子。でも、内蔵ディスクが調子悪くてブートしなくなった場合のために準備は必要とばかりにチャレンジ開始。

インストール自体は簡単なんだけど、パッチ当ててないMacOS X 1.3はとても不安定で、アプリがバシバシとストールする。「MacOSXって、こんなに不安定だったっけ?」という感じ。が、総合パッチてのがあって、こいつを当てるとテキメン安定する不思議。

で、とりあえず、ユーザ設定ファイル群とデータ用フォルダもiPodにコピーしてバックアップ体制は終わり。iPodからブートもちゃんとするしで、よかった、よかった。

|

« 「有朋自遠方来 不亦楽 」 | トップページ | よくわらないんですけど »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/41060936

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS X 再インストール:

« 「有朋自遠方来 不亦楽 」 | トップページ | よくわらないんですけど »