« BIC スラットスリー ボールペン | トップページ | 「崖の上のポニョ」を観た »

「パンズ ラビリンス」を観た

映画「パンズ ラビリンス」を観る。もちろんTSUTAYAレンタルのDVD。

舞台は第二次大戦終盤のスペインで、暗い雰囲気のなか不気味な生き物が登場するダークな感じ。日本人的なイメージではなく、ヨーロッパ的なファンタジー。日本人にはこういった雰囲気の映画はつくれないだろうなぁ。

物語はとても悲しいストーリーで、ラストシーンはなんだか救われたような救われないような切ない幕切れです。主人公の女の子は幸せになれたんだろうか。

なんだか妙に胸に残る作品ですね。

3ブラボー。

で、コイツっていろんなヒトが指摘してるけど宮崎駿作品に影響を受けてるらしい。オレはそんな印象はほとんど受けなかったけどね。「千と千尋の神隠し」や「となりのトトロ」の影響が見えると映画評論家の町山氏は語ってた。同時にこの映画の監督にインタビューしたときに監督が「日本のアニメのファンだ」と語ってたらしいので、影響は間違いない、ということ。そうかなぁ。

|

« BIC スラットスリー ボールペン | トップページ | 「崖の上のポニョ」を観た »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/41971791

この記事へのトラックバック一覧です: 「パンズ ラビリンス」を観た:

« BIC スラットスリー ボールペン | トップページ | 「崖の上のポニョ」を観た »