« ヨドバシ梅田は穴場 | トップページ | 青空文庫用iPhone用アプリ »

「容疑者Xの献身」読了

ひさびさ読書です。最近本当に本を読んでない。今年の「このミス」もチェックしてない。もっともそこで選ばれている本を一冊も読んでないだろうし。つくづく”堕落”したなぁ、なんて思ったりしてね。

さて、「容疑者Xの献身」です。巷で評価が高い東野圭吾作品です。東野圭吾は昔何冊か読んだけど、それほど面白いとは思えなかったので個人的には評価が低い。が、映画になったりと評判なので古本屋で見つけて買ってみました。

で、感想はどうか。

なかなか面白かったですよ。小説形式としては倒叙モノで、読者には犯人は最初っから分かってます。それを探偵役の湯川学がどう解決するかって部分がキモ。アリバイ崩しものですね。しかし、ただのアリバイ崩しものではなく、一ひねりがあります。

本格ミステリベスト10の一位を獲得したときに、「事実の一部が意図的に隠されているので、これは本格モノではない!」という意見もあったらしいけど、読書をミスディレクトするためにはしょうがないと思うし(オレもすっかり騙された)、まあそれはそれで良いのではないか、というのがオレの意見。(オレが尊敬する坂口安吾大先生ならば激怒モノかもしれないけど)

登場人物の石神の行動についてもミスディレクションな仕掛けがあったり、それで読者がちょっと不安になったりとなかなか面白い仕掛けもありで、オッケーです。

ラストはちょっと後味が悪いけど、まああの終わり方しかなかったのかもね。

つーことで、70点。ほかの湯川ものも読んでみようかと思う出来でした。

|

« ヨドバシ梅田は穴場 | トップページ | 青空文庫用iPhone用アプリ »

「読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/43471427

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」読了:

« ヨドバシ梅田は穴場 | トップページ | 青空文庫用iPhone用アプリ »