« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »

2008年12月14日 - 2008年12月20日

青空文庫用iPhone用アプリ

「青空文庫」ってのがあります。版権がきれた小説をボランティアでデータ化して公開してるもの。iPhoneアプリで青空文庫用のリーダがあります。で、買ってみました「i文庫」(350円)。

オレの尊敬する坂口安吾大先生の作品も上がってるし、その他まだ読んでない(すまん)名作群もありで、読書量が圧倒的に減っているオレへのカンフル剤です。

あたらしい出張のお供ができました。ありがとう。

で、iPhone用アプリですが、この間「大辞林」を買いました(2500円)。iPhoneの電子辞書化が進んでいます。2500円はApp Storeで販売されるアプリとしては高いなぁとも思うけど、紙媒体を買うことを思うと安い。電子辞書用のデータと比べても安い(と思う)。一点心配は、iPhoneを使わなくなったらこれらの辞書も使えなくなるてこと。これまでロングマンの英和辞典をはじめいろいろと投資してきたけど、それらはどうなるのか。まあ、あと1年半は使い続けるだろうし、その後は新型iPhoneに切り替えるでしょうね。キャリアがどこになろうと関係なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「容疑者Xの献身」読了

ひさびさ読書です。最近本当に本を読んでない。今年の「このミス」もチェックしてない。もっともそこで選ばれている本を一冊も読んでないだろうし。つくづく”堕落”したなぁ、なんて思ったりしてね。

さて、「容疑者Xの献身」です。巷で評価が高い東野圭吾作品です。東野圭吾は昔何冊か読んだけど、それほど面白いとは思えなかったので個人的には評価が低い。が、映画になったりと評判なので古本屋で見つけて買ってみました。

で、感想はどうか。

なかなか面白かったですよ。小説形式としては倒叙モノで、読者には犯人は最初っから分かってます。それを探偵役の湯川学がどう解決するかって部分がキモ。アリバイ崩しものですね。しかし、ただのアリバイ崩しものではなく、一ひねりがあります。

本格ミステリベスト10の一位を獲得したときに、「事実の一部が意図的に隠されているので、これは本格モノではない!」という意見もあったらしいけど、読書をミスディレクトするためにはしょうがないと思うし(オレもすっかり騙された)、まあそれはそれで良いのではないか、というのがオレの意見。(オレが尊敬する坂口安吾大先生ならば激怒モノかもしれないけど)

登場人物の石神の行動についてもミスディレクションな仕掛けがあったり、それで読者がちょっと不安になったりとなかなか面白い仕掛けもありで、オッケーです。

ラストはちょっと後味が悪いけど、まああの終わり方しかなかったのかもね。

つーことで、70点。ほかの湯川ものも読んでみようかと思う出来でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨドバシ梅田は穴場

ご存じの方はスルー願います。

大阪出張へ行くたびに、新大阪乗り換えで乗降する大阪駅近くの梅田LOFTへ寄ったりしてたんだけど、最近はヨドバシ梅田B2の方に寄ることが多い。駅から近いしね。

で、ココは地味ぃーに文房具を売ってるんだけど、輸入文房具コーナーって棚があってそこにいろいろと面白いモノも売ってる。ミードのリングノート系もあるけど、あのリングの作りの安っぽさはちょっとね。アメリカモノ好きな俺としてもちょっと購入を躊躇します。買ったのはノートの書き込みに使おうと、ちょっと前から探してたペーパーメイトのイレイサーMAX。山ほど売ってたなかで旧モデルも何本か残ってて、ソイツを確保してきました。(赤と青が後数本。黒は無かったかな?現行モデルは絶賛販売中)

そのほかライツのクリップフォルダー”ヴィヴァント”をゲットしたり、ヨドバシいちおし D.ベッカム超オススメのシャーピー油性ペンを買ったりと、ちょこちょこ買ってます。定価よりちょっと安いし、ポイントも貯まるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »