« 「バットマン・ビギンズ」を観た | トップページ | ひさびさのハイチュウねた »

「バットマン・ビギンズ」その2

まあ、人が何をどう感じるかなんてことはオレがどうのこうの言うことの埒外だからドーデモいいんだけど、これはちょっと気になったから書きます。

前田有一という映画評論家の人がいて、この人が書いた映画感想をおもしろく読んでたりしてたんだけど、「バットマン・ビギンズ」の感想に明らかに理解間違いがあったので指摘する。

映画中のエピソードで、主人公が「ホテルを買い取る」と言って小切手を切るシーンがあるが、これについて前田氏は、「連れの女性の名誉を守るためにホテルを買い取る」(大意 ”激映画批評”より)と書いているが、あのシーンはそうではない。あのシーンの前に「若い男がたくさん金を持ってるのに、何も使わない(ように見える)のはおかしい(実はバットマン関係のグッズを特注しているから金はバンバン使ってる)」という執事の指摘で、わざと大げさに遊ぶっていうシーンのはず。だから、連れの女性陣はいかにも頭が軽っぽいオネーチャン風だし、そのオネーチャンと一緒に水槽に入ってずぶ濡れのまま帰ろうとしているとき幼なじみの(密かな両思いで、久々に再会した)女性とすれ違い、そんな(本当の自分とは違う)姿を見られて困惑する主人公ってのがこのシーンの意味でしょ。そんなのフツーに映画観てりゃわかること。(困惑するってことは、幼なじみの彼女にはそんなアホは男とは思われたくない、ってことは、彼女が好きってこと)それを全く間違って理解している。(たしかに、金持ちのイケメンだから、あれくらいはしても全然オッケーでカッチョよくはあるけど)

で、この前田氏ってググってみると2ちゃんあたりでめちゃくちゃ叩かれていた。まあ、これじゃしょうがないかと思ったりする。これで映画評論家とはちょっと恥ずかしい。

激映画批評 http://www.cinemaonline.jp/review/geki/531.htm 

|

« 「バットマン・ビギンズ」を観た | トップページ | ひさびさのハイチュウねた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/44431109

この記事へのトラックバック一覧です: 「バットマン・ビギンズ」その2:

« 「バットマン・ビギンズ」を観た | トップページ | ひさびさのハイチュウねた »