文房具

万年筆の携帯方法

万年筆を持ち歩くときには、前にかった太めのペンであれば一本入れればほぼ一杯になる革製のペンケースに入れてますが、やっぱり胸ポケットにさして歩くのが王道だと思います。が、新しく買ったプロフィットスタンダード14は、しばらく胸ポケットに入れてたりすると、書き始めにインクが出てこない。胸に挿してると、ペン先が上を向くことになるので、インクが下に落ちてしまうのが原因だろうと簡単に推測は付くけど、それじゃぁちょっとねぇ、とおもって、ほかの万年筆で試してみると、ほかのヤツは書けなくなることがない。ペリカノJr.もカスタム74も。なので、スタンダード14は新しいからまだインクがいきわたってないのかなー、でもペリカノJr.はこないだ洗ったばっかりだけどなー、ペン先下にしてたらインク漏れ漏れっぽいしなー、じゃぁカートリッジ使ってるからかなー、でもコンバーターにしたら出先でインク切れに対応できないしだからカートリッジで使ってるんだけどなー、といろいろと考えております。本当のところはどうなんだろう。スタンダード14はしばらくうちで寝かして保存しつつ使い続けてみて、その後にきらびやかに胸に挿してみましょう。そうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験勉強をするために

秋の情報処理技術者試験のために、勉強しなければならない。が、やっぱりなかなか始められない。なので、セーラーのジェントルインクのグリーンを買って、ペリカノJr.にコンバーター入れて使ってみました。明るいグリーンでキレイキレイ。新しい筆記具を手に入れると、やたらと文字を書きたがるので、これで少しは勉強するんじゃないかという作戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイロットとセーラー その2

新しく買ったセーラープロフィットスタンダード14ですが、快調です。で、こいつを使い始めてからなんですが、パイロット カスタム74もなんだか使いやすくなりました。なぜか。理由は不明。で、改めて書き心地などを試してみると、前ほどパイロットが固いという印象はなくなりました。っていうか、プロフィット21とカスタム74の書き心地の差が少なくなったような気がする。これまでの印象もあくまで印象であって、客観的な感想では全くなかったのだろう。フラシーボ効果だ。

で、あらためての感想ですが、ペン先の固い、柔らかいはよくわからなくなった。どちらかといえば、セーラー軍団の方が、紙にあたってかりかりっぽい音がする気がするので、堅さから言えばこちらの方が固いのかも。

一方、書いたときの線の太さですが、中細、中ともにセーラー軍団は自分の思ったとおりの太さの線が書ける印象。水性ボールペンなどを使ってる感じですね。が、一方パイロット軍はセーラーと比べてたっぷりとインクが出てくるせいか、太めのデレーっとした線になる感じ。文字を書くと線の途中にインクだまりが出来たりとインクが思った以上に紙上に広がるので、筆に墨をたっぷり含ませて書いた感じ。

どちらがよいかは好みで、字がうまいヒトは変化がつけやすいと思われるパイロット軍が好みなのかもしれないけれど、オレとしてはセーラー軍団に軍配を上げます。(長刀研ぎを使うと、また印象が違うかもね)

追記)
ペンの大きさは プロフィット21>カスタム74>プロフィットスタンダード14 で、スタンダードはちょっと安っぽい印象もあります。そういう伝でいえば、プロフィット21銀の太めのペン軸は高級感もそこそこあって、とても気に入ってます。こうなるとプロフェッショナルギアも買ってしまうかもね。あと半年画面せよ、オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイロットとセーラー

今年の春にパイロット カスタム74を購入したけど、どうにもしっくりこない。インクの出が悪い気もするし、セーラー プロフィット21に比べて、ペン先のさらさら感が全然違う。個体差かもしれないし、価格差かもしれない。で、セーラーの同じくらいの値段のヤツはどうなんだろうと思い、それでも「プロフェッショナルギアのほうがペン先がツートンでカッチョいいしなぁ」などと心移りしたりしそうになったりしたけれど、アマゾンで安いのが出てたので秋に受ける情処試験の問題集と一緒に買ってしまいました。

静岡あたりの地震で東名高速が一部通行止めになってるので到着が遅れるかと思いつつ、これまでよりちょっとだけ遅いくらいで無事到着。(12日の夜10:00頃に注文して14日の19:30ころ配達)さすがアマゾン。これじゃ実店舗が勝てるわけない。が、今回はそんなことが話題ではない。新しく手に入れたセーラー プロフィットスタンダード14(M)はどうかってことです。で、使ってみて感じたのは「やっぱり、オレにはセーラーがピッタリだ」ということ。同じ14金ペン先だけど、インクの出方がとてもスムース。今回はカートリッジにしてみたけど(じぇんとるインクの青。色目はパイロットのブルーブラックとほぼ同じ印象)、差し込んだ直後から、するするのさらさらの素晴らしい書き心地。14金だから21金よりも少し固めなのかどうかと思ったり、同じくらいの値段だからパイロットと書き味が大して変わらないのかとも思ってたけど、圧倒的に書き味が良い(っていうか、パイロットと比較して絶対にオレ好み)。実売1万円を切ってこの書き味とは、良い買い物をした気がします。あとは秋のITステラテジスト試験に合格するのみ。(どうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張戦利品

最近はTwitterにつぶやいてばかりで、ブログの更新は非常に疎かになっておりますが、本日 小倉へ出張でゆきましたところ、駅前ビルにLOFTが入ってるのを見つけて、出張帰りによったわけです。

目的はTOMBOWの水性ボールペン替えリフィル購入だったんですが在庫が無く、それで変えるのも寂しかったもので何かないかと物証してて見つけたのが「今日のお仕事整理帳(10min.)」というノート見たいヤツです。

中身は細めのポストイットとそれを貼り付ける台紙の組み合わせなのですが、使い方を読んでると何だかとても良さそうだったので「これは仕事に役立つに違いない」と自分に言い聞かせつつ購入しました。

あまり時間には縛られない仕事なのですが、メールその他をチェックしその日一日の作業を洗い出したりしつつ予定を立てるのはもちろん、予定してた作業にどんどん割り込みが入ることが多いので備忘録として使うのもいいかな、と。

そんなこと言ってるけど、結局欲しかったから買いました、です。

その後、地元に戻ってTOMBOWのリフィルを探したけどやっぱりなく、しかたがないので他をチェックしてたとき見つけたちょっと小さめの昔風のクリップボードを買って帰りましたとさ。(最近、小さいサイズのリーガルパッドをメモがわりに使ってるので、そいつにちょうどいいと思ってね、とこれまた言い訳侍)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PILOT 万年筆のコンバーター

パイロットカスタム74を買ったときに一緒にコンバーターのCON-20を買いまして、残念なことにこれが今ひとつサイズがあわずインク漏れ漏れでメンディングテープ巻いたりして無理矢理使ってたような困った状況だったんですが、このたび大阪出張のおり恒例のヨドバシ梅田店の地下で見つけたCON-70を購入して取り換えたらこれがぴったりでうれしくなったわけです。

CON-70はコンバーターの先端についてるボタンを押すとインクが吸い込まれる構造で、ほかのメーカのくるくる回す式よりも簡単にたくさん吸い込めていい感じ。そうなるとなんだか書き味もよくなった気もして、よかったね。(気のせい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某所でSafariが売れてるらしい。

友人からのメールで知ったんだけど、アニメの「けいおん」ってヤツで登場人物の女の子が使ってたのが黄色いSafariのシャーペンだったらしく、それをネタにアニメショップが売り場に置いたら予想外の売れ行きらしい。

松本零士大先生が兵器のディテールを細かくかき分けるように、製作側の誰かがSafariをsafariとしてきちんと意識して書いたのかな?それとも近くにたまたまsafariがあって、それを作品に登場させただけか?

友人曰く「世の中、何がきっかけで売れるかよくわからんもんです。」

まったくその通り。

詳細内容は以下参照。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50848578.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたが好きな蛍光ペンは何色?

好きな蛍光ペンの色は、今メインで使ってる「オレンジ」です。理由は、「使ってるメモ用紙が黄色で、マーカも黄色だと見えなくなる」から。前にリーガルパッド(黄色い紙のレポート用紙みたいヤツ)を大量に購入してそれをずぅ~っと使い続けてるもんで、黄色い紙に書いてもわかるインクの色をした蛍光ペンじゃないとだめなんですね。他にも青とか紫とか赤とかいろんなインクの色もある中でなぜオレンジかといえば、「一番手に入りやすくて、非日常的な色がオレンジだったから」という理由にしときましょう。自分でもなぜオレンジにしたか覚えてないから、理由はこれで良し。

そのオレンジの蛍光ペンですが、メーカーによって「光かた」が違ってますね。今使ってるのボールペンや使い捨てライターで有名なビックですが、こやつはひかり具合が控えめで目にぎらぎらしなくてよいですね。別メーカのやつだとピカピカしすぎてマークしたとこが読めなかったりする(ウソ)。

で、今回は文房具にかこつけてTBSラジオ「小島慶子のキラ☆キラ」で募集してた何かの企画に参加申請してるわけですが、この番組って なんとあの「ストリーム」の後番組なんですね。そんな番組なので放送開始直後は「ケッ、ストリームやめてこれかよ。仕方ないから聞いてやるぜ、Podcastingだけどナ。」って思ってたわけです。が、初めこそ出演者の方々が多少の堅さや番組への慣れなさ感があったものの、最近は小島慶子アナウンサーのキャラクタの面白さがわかってきてよい感じになってきました。ただ、小島さんが自身にとってあまり興味がなかったり知識が少ない話題になると「スイッチ」が切れたようにおとなしくなったり、多少投げやり感が漂う話っぷりになったりするのはいかがなものか、と。まあ、その代わりに自分が興味を持ってる話題になると暴走気味な無敵感を発揮したりするからプラス・マイナスゼロで、結果すべてオッケーです。終わりよければすべてよし。




コネタマ参加中: あなたが好きな蛍光ペンは何色?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボス」に付いてるamadanaのおまけ

「さんてんり~だ」さんのブログを読んでたら、缶コーヒー「ボス」のおまけとしてなかなかステキな景品が付いてるらしいってことを知った。中でも、ペンクリップはトラベラーズノートのそれと同じっぽくて是非とも欲しくなった。なので、早速コンビニにGO。まず行ってみたのが会社の近所にある「セブンイレブン」。が、ここには商品自体おいてなかったので、次に行ったのが「ファミマ」。で、ここの冷蔵庫にあるのを見つけて早速買おうと思ったけど、景品は数種類あるんでやたら買ってもダメ。けど、冷蔵庫前でチューネンのおっさんがあれこれおまけチェックしてるのもカッチョ悪い。なので、いろんな缶コーヒーを選択するふりしながら景品チェックをしてたら、それっぽいのを見つけた。で、そのままレジへ。

いそいそと店を出て改めて景品をチェックすると、思ったのとはちょっと違う。クリップ型の似たようなものが3種類あるみたい。ガーンとショックを受けつつ、別の店でもう一本買うことを決心し、次はローソンに入ってみる。ここにも「ボス」はおいてあって、今度はさっきよりさりげなく、でもより慎重に景品チェックしつつ購入。で、目的のペンクリップを無事ゲットしました。

ものとしてはクリップがとても堅くて、装着目的のトラベラーズノートに取り付けるのに少し苦労したけど、いい感じで使えてます。

近所のコンビニで見つけたら、買ってみてはいかがでしょうか。缶コーヒーを飲まないオレでも、本体の「ボス」はなかなかにおいしく感じたしね。

Amadana

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パイロット カスタム 74 を買いました

これまでセーラーのプロフィット21を愛用してきたけど、先日 パイロットのカスタム74を買いました。ペン先はM。インターネットで購入したんで、試し書きはなし。ちょっとギャンブルですが、プロフィット21の時は成功だったんで、まあ何とかなるでしょうというわけ。で、どうだったか。

万年筆初心者のオレの勝手な感想ですが、セーラーと比べてペン先が堅い。中細のセーラーと比較して、M(中)でもそれほど太い感じはしなかったですね。本体自体も軽いし本体も少し細め。などと、違和感を語ってしまいましたが、まだまだ書き慣れていないたのか?ちょっと違和感ありだけど、使ってるうちにまぁまぁになってきたという印象に。やっぱり慣れが必要ですね。ため込んでたノートに無駄に文字を書きつらねたりして慣れてゆきましょう。

今回、一番小さいサイズのコンバーターも一緒に買って、これがちょっとハズレかと思えるんだけど、本体にきっちり差し込めない(っていうか、抜けてしまう)ので心配になった。でも、まあ何とかなるでしょうと、今日の出張に持ち出して打ち合わせで使おうと思って持って行った。そして現地でペンケースから取り出したらなんだかカラカラいう。あっと思った時にはもう遅くて、インクが漏れ漏れ。インクで指が汚れたまま悲しくなりながら打ち合わせを終えてうちに帰る途中、我慢できなくてドラッグストアで見つけたメンディングテープを買って急遽コンバーターに巻き付けてみた。太さが稼げたのでこれでぴったり。で、うちに帰ってインクを再充填してみたらなんだか大丈夫そう。このまましばらく様子見です。

まあ、そんなわけで、多少問題含みですが、しばらく使ってみて調子が悪ければ、保証期間内に修理に出してみましょう。そういうこってす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧